壁と窓の防音 / 自分でできる防音-アン・ノイズ

■ 空気層と防音性能の組み合わせ - ノイズクリアの必要数計算

ホーム > ノイズクリア [壁用]  > 必要数計算

壁の寸法を入力し、[ 計算 ]を押すと
 ノイズクリアの必要数が表示されます。

壁の寸法を半角(直接入力)で入力して下さい。

[ 全角は、エラーが出ます。]

  • ● 高さ:
    センチ

    ● 幅:センチ 

    ■ノイズクリアの種類:

    ◆制振スペーサーの種類:

    [汎用]壁の防音 ノイズクリア[汎用] | 重低音・低音の低減を目的とした防音材です。で [壁に直付け・ビス留め] する場合は、制振スペーサーは、 [必要なし] を選んで下さい。 ※[直付け・ビス留め]は、賃貸住宅では原状回復の面で問題があります。

    ※[汎用]による[直付け・ビス留め方法]は、ノイズクリアと壁を一体化させ、壁の振動を抑えて防音性を高めます。
    高音域では、[壁用+スペーサー]のほうが防音性がありますが、
    低音域では、同等以上の防音性があります。

  • ■ ノイズクリア 必要数:

    価格

    ※ 端数切上げ処理により、1枚多く計算される場合があります。

    ◆ 制振スペーサー 必要数:

    価格

    ※ 端数切上げ処理により、1〜2個多く計算される場合があります。

    ● 総合計:円 ( 税込 )

    ※ノイズクリアの数とスペーサーの数(×2) が合わない場合がありますが、無駄の少ない割付方法によるもので間違いではありません。

    ■ 2枚重ねの場合[壁用]:

    ◆ 選択されたノイズクリア:枚 +
          N-X ( 1層目 )

    価格(小計):

    ◆ 選択されたスペーサー:個 +
    ◇ SP-02 (1個:210円): 個 ※

    価格(小計):

    ● 総合計:円 ( 税込 )

    価格

    ● 総合計:円 ( 税込 )

    ※見栄えを気にしなければ、SP-02を使わず、
    ビスで1層目と2層目を接合する事もできます。

    1層目と2層目を接合

    ビスの長さは、既存の壁に届かない25ミリが適当です。
    コーススレッド(造作ビス)防音についての知識を深めて効率的な防音を。

- ノイズクリアと
制振スペーサーの組合わせ -

  • 組合せの目安 スペーサーによる違い 1枚と2枚重ね 重低音対策

    防音効果や用途に応じて仕様を選択します

    組合せの目安 スペーサーによる違い 1枚と2枚重ね 重低音対策

  • - 仕様の比較 -

    N-CX N-X スペーサーの種類

    防音効果や用途に応じて仕様を選択します

    N-CX N-X スペーサーの種類

Macro設定フォーム

■ 内容表示を優先している為、ナビの起動が遅くなっています。ナビ起動前に他ページに移られる場合は、ページ内のリンクをクリックして下さい。/ ページのトップへ戻る