自分でできる防音-アン・ノイズ

■ 低音から高音域まで防音 ノイズクリア 《 Q&A 》

ホーム > 壁の防音ノイズクリア > ノイズクリア Q&A

ノイズクリア / よくあるご質問

低音対策 ノイズクリア / 新しいタブで開きます。

  • ノイズクリアの防音性

    Q: 隣の壁から生活音が聞こえて来ます。このような場合、防音性能はどの位になり、何dB向上しますか?

    A: 音の種類にもよりますが、音が特定の壁から侵入している事が分かり、それが話し声やテレビの音[ 空気音 ]の場合、ノイズクリアを設置することで壁の防音性は大幅に向上します。
    ■ 一般的な石膏ボード下地の軽量の壁の場合、
    ・重低音域[50Hz-100Hz]で8〜10dB。
    ・低音域[125Hz-250Hz]で10〜16dB。
    ・中音[500Hz]で16dB。
    ・高音域[1000Hz以上]で9〜15Hz。
     防音性が向上し、
    全周波数平均で約13dBの防音性の向上が期待できます。
     ※12dBの向上で、体感的に音源との距離が4倍広がった( 遠のいた )感覚になります。
    既存の壁を含めたトータルでの防音性能は、上記 軽量の壁の場合で、46dB[500Hz時]以上となります。

    ※騒音の種類、壁の構造・材質によって防音性の向上幅は異なります。上記数値以下にもなり、以上にもなります。 上記数値は、一般的な目安としてお考え下さい。

    ノイズクリアの防音性能 新しいタブで開きます。

    防音効果の確認 新しいタブで開きます。

    Q: 壁の向こうにエレベーターがあり、機械音が壁から聞こえてきます。低減は可能でしょうか?

    A: エレベーターの様に建物の構造体と繋がっている場合、実際には壁以外の床や天井からも音が侵入しています。そのため、ノイズクリアを設置する事でその壁からの音は低減できますが、全体的な防音効果は限定的なものとなります。

    固体音の低減方法固体音の低減は、振動を伝えないようにする事がポイントです。

    Q: 壁を叩くような音がして、眠れません。何とか低減したいのですが、効果はありますか?

    A: 上記エレベーターの機械音と同様で構造体を振動させたり、壁を叩いたりする音の低減は非常に難しく、効果は限定的です。お力になれず申し訳ございません。

    木造住宅や軽量鉄骨造で壁を叩くと壁自体が水平方向に大きく揺れます。 叩く力が強く、継続的な場合は、保持安定性の面からピンでは設置しないで下さい。

    ◆賃貸住宅向けではありませんが、石膏ボードアンカーを使ってノイズクリアを設置する方法があります。以下のリンクをご参照ください。

     » 石膏ボードアンカーによる
    設置方法.pdf 壁からの重低音・低音を防音する 防音壁 ノイズクリアの設置方法 / 新しいタブで開きます。

    Q: 賃貸マンションですが、シアタールームを考えています。御社の製品を使って充分防音できますでしょうか?

    A: 部屋の中に縁の切れた小さな部屋を作るのが理想的ですが、スペース上できない場合は、スピーカー底部に充分な防振ゴムを敷き、4方の壁全てにノイズクリアを設置すれば、ある程度の音量は出せると思います。ただし、隣室、上階と下階への影響を確認できない場合は、シアタールームの設置は控えたほうが良いです。 共同住宅で大きい音を出す場合は、充分な配慮と検討が必要です。

    Q: ノイズクリアを2重にした場合、どの位の防音性能になりますか?

    A: 500Hz時で45dB以上の性能(音響透過損失)になります。既存の壁に設置した場合、最低でも22dB以上防音性が向上します。
    ただし、耐震上の理由と床の荷重負担を考えると現実的でなく、弊社としましては不可とさせて頂きます。
    ※6帖間の長辺方向にノイズクリアを2重に設置した場合、付加される重量は約400kgになり、地震の際の固定ピンの水平保持力を超えてしまいます。

  • ノイズクリアの施工性

    Q: 専門知識がなくても壁に設置する事ができますか?

    A: 説明書の通りに作業して頂ければ、設置する事ができます。

    ノイズクリアの設置手順 壁からの重低音・低音を防音する 防音壁 ノイズクリアの設置手順 / 新しいタブで開きます。

    Q: ノコギリを使った事がないのですが、自分でカットできますか?

    A: ノイズクリアは、できるだけ設置の難易度を下げ、防音を必要としているより多くのお客様に御利用頂けます事を念頭に開発しました。ただ、全く工作の経験がない方までフォローできているかどうかは疑問があります。

    オーダーメイド注文も承っておりますが、お客様から頂いた寸法に1,2センチの狂いがあれば、修正してカットされるのはお客様であり、ノコギリを引く作業はどうしても慣れて頂く必要があります。

    ノコギリに慣れる方法としては、100円ショップでノコギリを買われ、ダンボールや薄い板などを切ってみるのも良いかと思います。ポイントは、浅い角度で前後に動かすことだけを意識する事です。( 幅の広いノコギリが真っ直ぐに切れます。)

    Q: 1つの重さが3.6キロとの事ですが、重そうです。女性でも設置することはできますか?

    A: 一般的な体力を考慮して1ユニットの重量を設定していますが、体力には個人差がありますので、場合によっては設置できないかもしれません。
    簡単な確認方法としては、お米5kgを両手で持ったまま椅子(回転しないタイプ)に上がり、上に持ち上げて左右に振る事ができれば問題なく設置できます。

    Q: ドアにノイズクリアを設置することはできますか?

    A: 横の隙間の処理、開閉の問題、ちょう番に掛かる荷重などを考えますと設置することは難しいです。どちらかというと遮音シート単体を5枚重ね以上で貼り付けるほうが現実的で効果があります。

  • ノイズクリアの安全性

    Q: 幹線道路が近くにあり、振動があります。 設置した防音壁に影響はありませんか?

    A: ピンが説明書の通りに挿されていて、ノイズクリアが垂直に立っていれば、振動があっても倒れてくる事はありません。弊社での4ヶ月間の継続的な振動試験にもピンは1ミリも動いていません。
    ※販売前は、ピンの本数はノイズクリア1つに対し、4本で充分という判断でしたが、より高い安全性を得るため、2倍の8本にしています。

    ピンの挿し方 壁からの重低音・低音を防音する 防音壁 ノイズクリアのピンの刺し方 / 新しいタブで開きます。 ノイズクリアの保持安定性 壁からの重低音・低音を防音する 防音壁 ノイズクリアの保持安定性 / 新しいタブで開きます。

    Q: 結露して壁にカビが生えやすいのですが、設置できますか?

    A: コンクリート壁に直にクロスを貼っている場合は、ピンが刺さりませんので、設置できません。石膏ボードの下地でピンが刺さるのなら設置でき、結露は発生しなくなります。

    結露は、湿った空気が冷たい壁に触れることで発生します。ノイズクリアを設置し、スキマをしっかり塞げば、断熱性の高い壁になると共に、既存の冷たい壁に湿った空気が触れ難くなります。

    ※万全を期すのであれば、設置前に既存の壁紙への防カビ剤の塗布や設置中にノイズクリアの中空部分にシリカゲル(乾燥剤)を設置される事をお薦めします。

    Q: 臭いやホルムアルデヒドが気になりますが、
    大丈夫でしょうか?

    A:ホルムアルデヒドはゼロです。遮音シートは、防臭加工済みのものを使用しています。石膏ボードも安全なものを採用し、接着剤もアルコール系で、トルエン・キシレンなどは使用していません。

  • ノイズクリアの注文について

    Q: 決済方法が、銀行振込のみとなっていますが、代引きはできないのでしょうか?

    A: 申し訳ございません。諸般の事情により、当面はノイズクリアの決済方法を銀行振込のみにさせて頂く事にしました。どうかご容赦下さい。

    Q: 自宅なので石膏ボードアンカーを使って設置したいと思っています。 ピンは不要なのですが...

    A: ノイズクリア本体からピンを省き、標準付属品からもピンホルダー、予備のピン、練習台を省いてご提供し、その分値引きさせて頂きます。

    ■ご注文ページ⇒カート画面⇒住所などの入力ページの最下部に「備考欄」がありますので、そこに「アンカー使用、 ピン不要 」と入力して下さい。

  • 納期・配送について

    Q: 受注生産との事ですが、注文後、どの位で到着しますか?

    A:最短でご注文日から5〜6日後となります。

ノイズクリアの説明 壁からの重低音・低音を防音する 防音壁 ノイズクリア 防音性能 重低音を低減 ノイズクリアの防音性能 設置と撤去 新しいタブで開きます。重低音を低減 ノイズクリアの設置方法 必要量計算 新しいタブで開きます。重低音を低減 ノイズクリア 必要量計算

■ 内容表示を優先している為、ナビの起動が遅くなっています。ナビ起動前に他ページに移られる場合は、ページ内のリンクをクリックして下さい。/ ページのトップへ戻る