自分でできる防音-アン・ノイズ

■ 防音の方法 《 防音性能と重さの関係 》

ホーム > 防音の方法 > 防音性能と重さの関係

- 防音性能と重さの関係 -

デシベルマーク

質量が大きければ大きいほど、
音をはね返す力は強くなります。

この法則を 質量則 といいます。

  • 物質の重さ(面密度 kg/u)が分かれば、
    遮音性能(理論値)を知る事ができます。

    20 × log(周波数×質量 kg/u ) - 42.5 = 物質の遮音性能 [ 透過損失(dB) ]

    防音性能の自動計算 防音性能の予測 / 自動計算ページで
    物質の防音性能と向上値が
    計算できるようになりました。

    この公式を使って弊社製品の遮音性能を計算してみます。

    ノイズクリア ソリッドガラス 防音(遮音)シート
    ノイズクリア/ 壁に付ける防音材 ソリッドガラス/ 窓に貼る防音材 防音(遮音)シート
    面密度:26.4kg/u 面密度:12.0kg/u 面密度:1.7kg/u

    ● 周波数毎に計算します。
    ・ノイズクリアの防音性能( 理論値 ) 実測値
    20×log(125[Hz]×26.4kg ) -42.5
    ( 27dB )
    24dB
    20×log(250[Hz]×26.4kg ) -42.5
    ( 33dB )
    36dB
    20×log(500[Hz]×26.4kg ) -42.5
    ( 39dB )
    38dB
    20×log(1000[Hz]×26.4kg ) -42.5
    ( 45dB )
    39dB
    20×log(2000[Hz]×26.4kg ) -42.5
    ( 51dB )
    43dB

    ・ソリッドガラスの防音性能( 理論値 ) 実測値
    20×log(125[Hz]×12.0kg ) -42.5
    ( 21dB )
    18dB
    20×log(250[Hz]×12.0kg ) -42.5
    ( 27dB )
    23dB
    20×log(500[Hz]×12.0kg ) -42.5
    ( 33dB )
    28dB
    20×log(1000[Hz]×12.0kg ) -42.5
    ( 39dB )
    32dB
    20×log(2000[Hz]×12.0kg ) -42.5
    ( 45dB )
    35dB

    ・防音(遮音)シートの防音性能( 理論値 ) 実測値
    20×log(125[Hz]×1.7kg ) -42.5
    =  ( 4dB )
    7dB
    20×log(250[Hz]×1.7kg ) -42.5
    ( 10dB )
    10dB
    20×log(500[Hz]×1.7kg ) -42.5
    ( 16dB )
    14dB
    20×log(1000[Hz]×1.7kg ) -42.5
    ( 22dB )
    18dB
    20×log(2000[Hz]×1.7kg ) -42.5
    ( 28dB )
    23dB

    - 上記数値の集計グラフ -

    防音性能表
    ノイズクリア ソリッドガラス 防音(遮音)シート
    重低音、低音対策に防音壁ノイズクリア 窓に貼る防音材 / ソリッドガラス 防音素材 / 防音(遮音)シート
    面密度 面密度 面密度
    26.4kg/u 12.0kg/u 1.7kg/u
    実測値 38dB 実測値 28dB 実測値 14dB
    500Hzの音データ/基準音と低減音 [会話音[男性の声]など] 500Hzの音データ/基準音と低減音 [会話音[男性の声]など] 500Hzの音データ/基準音と低減音 [会話音[男性の声]など]
    500Hz時の
    基準音と
    低減音(-38dB)
    500Hz時の
    基準音と
    低減音(-28dB)
    500Hz時の
    基準音と
    低減音(-14dB)

    ※上記音声データは、何もない空間を個々の防音材でさえぎった場合のデータです。
    壁や窓に設置した場合の効果は、個々の防音性能のページをご参照下さい。

    この結果から分かるように、
    質量が大きければ大きいほど音を遮る能力は高くなります。

    また、高い周波数の音は遮りやすく
    周波数が低くなるほど音を遮る事が難しくなります。
    ステレオの重低音が壁を通してよく聞こえるのはこの理由からです。

    [ dB ]という単位は、対数を基にしています。

    そのため、遮音材を重ねたとしても、
    10dB+10dB=20dB にはなりません。

     » 音のエネルギーと [ dB ]という単位 音のエネルギーとdBという単位 / 新しいタブで開きます。

  • - 防音性能グラフの見方 -

    さえぎる物がない騒音空間を防音材で隔てた場合、
    その性能分の dB量が 騒音空間から引かれます。

    ノイズクリアの防音性能を使った防音性能グラフの見方の説明

    一般的な騒音を周波数と音量レベルで
    グラフ内にマッピングしています。

■ 他の材料の遮音性能 ■
( 理論値と実測値 )

  • 《 板ガラス[5mm厚]の防音性能 》

    板ガラスの防音性能グラフ

    ( 2000Hz帯でガラスの共振が起こり、遮音性能が低下しています。)

  • 《 鉛[1mm厚]の防音性能 》

    鉛の防音性能グラフ

    鉛は、非常に優秀な遮音材です。
    ※毒性があるため、露出させない仕上げが必要です。

次: 防音性能の自動計算 »

12»

■ 内容表示を優先している為、ナビの起動が遅くなっています。ナビ起動前に他ページに移られる場合は、ページ内のリンクをクリックして下さい。/ ページのトップへ戻る